結婚式の披露宴と二次会での服装の違い

知人や友人の結婚式の二次会に招かれることも多いと思いますが、その場に着ていく服装に悩まれることもあります。披露宴の場合と二次会の場合では、着ていく服の違いもありますので、迷い出すとあれこれ悩んでしまうことにもなります。そのような時には、服装の選び方のポイントを少し抑えておくだけでも、どちらに着ていく服装でも決めやすくなります。また披露宴にお呼ばれしたそのままの流れで二次会参加の時などは、改めて服を変えなくても良いですので、そのままの服装の方も多くいらっしゃいます。基本的には披露宴よりも二次会での服の方が、あまり肩肘が張らない雰囲気でまとめたり、フォーマルな服でも大丈夫です。お祝いごとは永く記憶に残ったり、写真なども残りますので、祝いの席に相応しい格好で参加をすることが大切です。

結婚式の二次会で相応しい服装が男性女性ともにあります

結婚式の二次会での服装は男性、女性ともに相応しい物があります。男性ならばほとんどの方が、スーツを着ていらっしゃいます。 スーツだけでは物足りないと感じたら、その時には蝶ネクタイやシャツのカラーなどで、オシャレやフォーマル感を出した変化をつけているだけで、見栄えがさらに良くなったりもします。準礼装や黒のスーツ、ジャケットなどを基本にしながら、ネクタイやハンカチなどの小物を上手に足して利用してみることです。そもそも二次会の服装には正式な形はありません。平服でとなっていても男性はスーツ姿がメインとなりますので、むしろ催される会場の格式に合わせて、服装を選んでいく方が場に馴染んで安心です。男性の方で服装にあまり詳しくなくてよくわからない場合には、同席をするお友達と申し合わせてみるのも良いです。

女性の二次会での服装は華やかな演出でも素敵です

結婚式の二次会に女性が着るのに相応しい服装ですが、これは男性と違って色もデザインも幅広くありますので、それだけ悩まれる方も多いものです。二次会で顔を合わせるメンバーが同じ人が多ければ、前回に着て行った服では無いパターンを選ぶ女性がやはり多くなります。女性の場合にも、二次会の服装での正式な決まりはありません。けれども普段よりもパーティー感の雰囲気が高い服装選びを意識している方がほとんどです。この場合も、二次会会場の格式や雰囲気で選んでいくと良いです。オシャレな雰囲気の場所であれば、フォーマルなワンピースなどが好まれていて、生地も綿の素材よりもサテンのような光った生地だと、なお素敵な着こなしの演出ができます。カジュアルな場所で催される時でも、基本的にはワンピースかスーツ着用が女性は相応しいです。