ここだけは注意結婚式二次会のタブーな服装

結婚式の二次会の服装で悩む方は以外に多いと思います。披露宴ほどのフォーマルではかしこまり過ぎてしまいますし、逆にジーパンではカジュアル過ぎてしまいますし、判断が難しい中間的な存在です。招待状やメールには、どんな服装でも良いというような文章が書かれていたりしますが、最低限のタブーな服装を紹介します。女性の場合、一番のタブーは白色の服です。主役である新婦が白のドレスということを想定して避けるべき色です。また、ノースリーブ等の肩が出るような肌の露出が多い服装もタブーの一つです。靴は、つま先が出るミュールやサンダル、ブーツはお祝いの場では避けましょう。男性の場合も白色のスーツはタブーです。最近では、新郎が白色以外にシルバーの衣装を着用していることがあるので、シルバーも避けましょう。

結婚式披露宴の服装と二次会の服装の違い

結婚式披露宴での服装は、シルクやサテン生地の無地のセミフォーマルな服装で、肩が出ていなくて膝丈の長さの肌の露出が少ない服装にし、アクセサリーやバッグはパールをあしらったシックな物が適しています。一方二次会は、シルクやサテン生地以外の綿素材でも可能です。柄は無地でなくても、上品な柄であれば良いとされており、アクセサリーやバッグは夜の場合はキラキラした物でも構いません。男性の場合は結婚式披露宴と二次会の区別は無く、スリーピースが基本となります。色は黒やグレー、ネイビーやストライプが適していると言われています。最近ではチェックのスーツもあり、お洒落をさり気なく取り入れたスタイルも良いかもしれません。ポケットチーフも忘れないにしましょう。靴やバッグは革製以外の物にしましょう。

結婚式二次会の服装は会場の格式による

結婚式の二次会の会場は、披露宴会場を使用する場合もありますし、レストランを貸し切りにした少しカジュアルな会場の場合もあります。披露宴会場にカジュアルな服装は不釣り合いですし、二次会にも親族が参加する場合がありますので注意が必要です。披露宴から移動してカジュアルな会場で二次会をする場合が多いと思いますが、いちいち服装を全部変えるのは大変なので、羽織る物をカーディガン等のカジュアルな物に変えると場の雰囲気に馴染むことができます。男性の場合は、披露宴会場では礼服やスリーピーススタイルのスーツを着用するようにしましょう。レストランではダークカラーのスーツスタイルが適しています。このように、二次会の会場によって服装を選ぶ必要があります。最近はかなり服装が自由にいなってきていますが、最低限のマナーを守りつつ新郎新婦の門出をお祝いしましょう。