結婚式の二次会で着る服装のポイント

結婚式の二次会に参加する際、どのような服装が正しいのでしょうか。一般的にはやはり男性はスーツで女性はワンピースやスーツを着ますが、二次会を開く会場によってもその場所にふさわしい装いは変わってくるので、事前に調べておきましょう。二次会は結婚式の服装よりも少しカジュアルなものになるので、場所によりますが男性はネクタイやスーツを、女性はワンピースや小物などを少し明るめの色に変えてお洒落を楽しむこともできます。中には結婚式の会場内にある別のフロアで二次会を行うこともあります。その際は結婚式終了後から二次会開始までの時間は短めだと考えられるので、結婚式に参加した際の服装のままでも問題はありません。結婚式と二次会での服装を分ける際は、事前に会場等の詳細を確認してから服装を選びましょう。

マナーとして会場や雰囲気に合わせた服装

実は、結婚式の二次会で着る服装にルールはありません。お祝いの場のマナーとして会場や雰囲気に合わせた服装が好ましいとされています。ホテルなど格式の高い場所で行われる場合は、フォーマル寄りの服装を選ぶのがおすすめです。カジュアルな要素が強めになると周りから浮いてしまうので注意が必要です。二次会の会場が居酒屋やカラオケなどを利用して行われる場合もあるようですが、日常で利用しやすい場所で顔見知りも多いなどの理由から服装が緩んでしまいがちですが、あくまでもお祝いの場であることは変わらないので、この場合も基本的にはカジュアルになり過ぎないよう注意しましょう。服装で絶対にNGなのは、縁起が良くないとされている黒い服装です。黒を取り入れることは問題ないですが、黒一色の服装はやめましょう。もう一つは白い服装です。白色の服は、新郎新婦のための装いなので被らないようにしましょう。

平服を基本のラインとして考えて

結婚式の二次会で着る服装のポイントは、招待状にある平服の指示を守った服装です。この場合の平服とは、堅苦し過ぎずカジュアル過ぎない服装のことです。記載されていない場合もありますが、平服を基本のラインとしてそこからフォーマル寄りなのかカジュアル寄りなのかを考えると選ぶやすくなります。男性の場合は、今は色や形や柄などスーツの種類も幅広くあるので、各場所に適した服装を選ぶようにしましょう。靴は基本的に革靴を履きます。女性の場合は、ワンピースかスーツが基本です。ワンピースは膝が隠れて露出しすぎない程度のものに限ります。ショールやボレロなど羽織ものを予備に持っておくと便利です。靴も足先の見えないパンプスなどが好ましいです。結婚式の二次会は新郎新婦と身近な方とのお祝いの場です。マナーの範囲内でドレスアップしてお祝いの場を有意義に過ごせる服装を選びましょう。