結婚式の二次会の服装に関するマナー

結婚式の二次会の服装は、割と自由度が高く、ジャージでなければいいのではという程度には緩い場合もあります。男性ならジーンズでも良いという方もいます。ただジーンズに家で着古したような服装では恥をかきます。まして女性でジーンズはおすすめできない服装です。ただ二次会は立場によって服装が違います。いわゆる主催者側に居る方は男性もスーツ、女性はワンピースやスカートなどドレッシーなものが必要です。ただそのような立場にいる方は披露宴に参加されている方も多いと思いますので、式のままの格好でも大丈夫です。単純に参加する方の場合はどのような服装がいいのか、といえばやはりカジュアルフォーマルと呼ばれる服装が適していると言えます。男性ならちょっとおしゃれな服装でジャケットがあればさらに良い、女性なら華やかな服装でスカートは押さえておきたいといったところです。そして花嫁よりも目立たないという点は、重要なマナーです。

結婚式の二次会の服装は場所によっても変わる

二次会の雰囲気にもよりますが、例えば居酒屋のような場所で行う場合は、少しオシャレした格好でも大丈夫だと思いますが、レンタルスペースやレストランを借りての二次会であれば、やはり多少フォーマルな服装で参加してほしいです。ここで注意してほしいのは、1.5次会と呼ばれる、二次会の様な雰囲気の披露宴です。これは気軽にお越しくださいという文言が入ることが多いですが、より披露宴寄りの服装が必要になります。これはホテルなどで行われる二次会にも適応されます。ただ結婚式の二次会ですので、何時に行われるものであっても、露出度の高すぎるものは控えた方が良いです。夜のパーティーは露出が多少高い方が良いとされていますが、あくまでもホテルのような格式の高い場所でのマナーなので、レストランなどでは控えた方が無難です。

結婚式の二次会の服装で避けるべき点

結婚式の二次会の服装であまり言われませんがが、避けた方が良い恰好に動物柄や革製品、毛皮などは殺生を連想させるという点から好まれないことが多いので、気を付けるべきです。また全身真っ黒のコーディネートも避けるべきです。黒はやはり慶事には向かない色です。お葬式などの色を連想させるので、黒のワンピースを選んでもどこかに挿し色を加え、アクセサリーなどで華やかさを添えて、盛り上げるための花であることを意識してほしいです。同じ理由でブラックパールは避けるべきです。またカバンは動物柄や革製品は服装同様に避けるべきですが、大きすぎるカバンもさけるべきです。もし持ち物が多い場合は、別のカバンを用意して持ち歩き、メインのカバンは小ぶりのものを使用します。髪型は自分でもセットしても美容に行ってセットしても大丈夫ですが、普段通りよりも華やかな髪形を意識します。